閲覧中のサイト:
閲覧中の言語:
表示単位:
国を選択してください。

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}

コロターンHP 最新冷却技術

コロターンHPは、先進の冷却技術を採用したフルレンジのツールホルダで構成されています。ツールホルダに固定されたノズルは切削ゾーンに正確に切削油を噴射することで、切りくず処理の改善、加工安定性および高い生産性を約束します。高圧クーラント用の新しい専用チップブレーカとあいまって、工具寿命を大幅に伸ばすことができます。

 

利点

  • 改良された切りくず処理
  • 精密なクーラント噴射により、難削材での工具の長寿命化を実現
  • 早く簡単に行えるチップ交換
  • 高い加工安定性

 

特徴

  • 切削ゾーンへ正確にクーラント噴射ができる高精度ノズル
  • 最大クーラント圧力275bar (4000 psi) に対応した設計

 

用途

  • 外径および内径旋削加工のすべてのウェット加工に適用
  • 切りくず処理の改良により、切りくずが工具の周りに集まって自動工具交換を妨げる可能性のある作業環境でも無人生産が可能です。
ISO適用領域:
 

 

{{ assets.Title }}

{{ assets.Description }}

 

{{ assets.Title }}

{{ assets.Description }}

 


 

取扱製品

コロマントキャプト

ターニングセンタおよびマルチタスクマシン用クイックチェンジ

 

コロターンSL

内径加工、倣い加工、ポケット加工用モジュラーツーリングシステム

 

 

 

QSホールディングシステム
小型自動旋盤用クイックチェンジ
 
 
シャンクバイトおよびボーリングバイト
​最新冷却技術は小型旋盤でのウェット加工にも適用可能


 



 

CoroPlex TB
旋削工具とボーリングバーの組合せ
 
専用チップブレーカ
  • –MMCチップブレーカ、–SMCチップブレーカおよび–PMCチップブレーカは、高圧クーラント用に設計されたチップブレーカです。
  • 鋼、ステンレス鋼および耐熱合金用チップ材種GC4225、GC2025およびGC1115
  • このブレーカは低クーラント圧においても記載の利点を発揮しますが、80 bar (1160 PSI) 以上の圧力で最適な性能が得られるよう設計されています。
  • T-Max Pおよびコロターン107チップの双方の仕様が用意されています。
 
 
このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.