-日本語 -JA 設定

Not signed-in

設定

Please select your country!

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}

エンジニアリング:これは社会の血液です。私たちの日常生活の発展、変化、形成、および進化。繁栄、人口の増加、消費速度の上昇が見られる世界。経済成長と持続可能性、そのどちらについても、さまざまな課題が等しく湧き上がっています。端的に言って、変化のスピードが、このように遅いことは、もう許されなくなります。新しいチャンスが待っています。サンドビック・コロマントは製造の未来に足を踏み入れようとしています。サンドビック・コロマントとともに歩みを進めませんか。

実際、製造に関して常に変わらないできたものは、絶え間ない変化だけです。また、これは、グローバルな富と発展に欠かせない要素でもあり続けています。今日必要とされるものは、10年、5年、いや、わずか1年前のものとも、決して同じではありません。エンジニアリングとテクノロジーは、何が可能であるかの認識に絶え間なく挑戦を続けています。

デジタル化に向かっての動きは、企業に対して、新しいテクノロジーを受け入れ、新しい世代のエンジニアを育成するようにとの、新しい要求を突きつけています。非常に複雑な諸問題を解決し、競争の最先端に留まることができるよう、お互いに協力して、従業員による最新の専門知識の吸収を支援することが重要であると考え、サンドビック・コロマントは、これを業界規模でのコラボレーションと呼んでいます。

コラボレーションの方法について詳しく見る

変化のスピードが、このように遅いことは、もう許されなくなります

サンドビック・コロマントでは、製造を一つのプロセスと考えています。生産性の向上への道程が、新しい加工方法、プログラミングとシミュレーション、およびインテリジェントなツールライブラリソフトウェアを通じてのものであろうと、加工機への投資を通じてであろうと、サンドビック・コロマントは、決して学ぶことと成長することを止めずに、その専門的知識を活用して、この旅の一歩一歩を支援します-常に一歩先を進めるように。

サンドビック・コロマントの提案を見る
1800

サンドビック・コロマントの特許取得数は1,800件以上に上り、毎年、その数が100~150件ずつ増えています。

サンドビック・コロマントの研究開発はここから始まる
35 000

ツーリング、加工、および材料に関する最新のテクノロジーを学ぶために、これまでに35,000を超える登録がありました-登録は、もうお済みですか?

登録する(無料)

サンドビック・コロマントは創業75年です

創業の年の1942年から、企業の抱える問題を、お客様の企業と手を携えて解決しようとの、常に熱い思いに駆られてきました。お客様のさまざまな課題が、世界を変えることになった、さまざまな革新的技術の進化へと導いてくれたのです。

サンドビック・コロマントの歴史を見る
  • 1942サンドビック・コロマントは1942年に創業しました。「サンドビック・コロマント」の「コロマント」とは、太陽を覆って輝いている「コロナ」と、最も硬い物質として知られている「ダイヤモンド」を表すスウェーデン語を組合わせた造語です。
  • 1957サンドビック・コロマントは、1957年に、「スローアウェイチップ」コンセプトを採用した刃先交換式チップを開発しました。刃先交換式チップは、今日では一般的に広く使用されるようになっています。
  • 1969耐熱性のあるガンマコーティングが材種に導入されたのが1969年で、その卓越した切削加工性能により、旋削加工、フライス加工およびドリル加工に革命をもたらしました。
  • 1971サンドビック・コロマントは、1971年にマルチサービスコンセプトを導入し、前例のないカスタマーサービスを開始しました。これに従事するセールスエンジニア、スペシャリスト、トレーニングマネージャーの多くは、例の黄色のコートを着用しています。
  • 1990サンドビック・コロマントは、1990年に、社名を冠した製品の一つであるコロマントキャプトの発売を開始しました。独創的なテーパーポリゴンカップリングを採用したこのモジュラーツーリングシステムは、ツーリングの組合せと構成のための新しい効率的な手段であり、工具交換時間を大幅に短縮することができます。今日、このシステムはISO規格として採用されています。
  • 2008サンドビック・コロマントは、2008年に、長年のパートナーであった、独創的な防振工具の開発企業であるSilent Tools社を傘下に収めました。Silent Toolsの防振アダプターを使用することにより、正確でびびりの発生しない加工が可能で、厳しい公差への対応、卓越した加工面品質、高い切りくず排出量を達成することができます。
  • 2013画期的な研究開発により、2013年には、Inveioコーティングテクノロジーが導入されました。サンドビック・コロマントの研究陣が結晶被膜を原子レベルで制御できることを発見し、均一に隙間なく詰め込まれた耐熱性あるコーティングを生成することにより、新しいレベルの硬度を実現しました。
  • 2016サンドビック・コロマントは、2016年に、CoroPlus®プラットフォームの運用を開始し、このネットワークソリューションを通じて、設計および計画段階で加工安定性の向上と時間の節約を行うことができます。このアプリケーションを使用して行うリアルタイムの入力および記録、モノのインターネット (IoT: Internet of Things) およびクラウドベースの解析により、加工機の性能に関して、前例のない洞察を得ることができます。
  • 2017全方向に旋削加工を行うことが可能なメソッドであるPrimeTurning™により、旋削の概念が180度転換しました。

サンドビック・コロマントが世界をどのように変えたかを見る

未来が、今ここにあります

今は急速なデジタル化の時代です。かってはSFの世界でしたが、今や、コンピュータやロボットが、当然のように仕事をしています。このテクノロジーは、新しい産業革命の到来を示しています。今は、まだその初期の段階ですから、変化の速度が急激に増していることを実感できます。

加工に関する知識

デジタルソリューションの出現により、どこにいても、知識を共有することができるようになっています。何百年間にもわたって蓄積されてきた加工に関する知識を、ボタンを一つ押すだけで利用することができ、内蔵されているソフトウェアを通じて、支援したり推奨事項を表示して、違いを生み出すソリューションを作成することができます。これは、きっと、業績の向上に役立つはずです。

PrimeTurning™を体験する
デジタル加工

デジタル加工プラットフォームを導入することにより、デジタルスレッドをバリューチェーンを通して構築するための機会が得られます。サンドビック・コロマントは御社のリードタイムを短縮することができるでしょうか?

CoroPlus®を体験する
持続可能性

地球の資源は無限ではないため、サンドビック・コロマントは、できるだけ環境に与える負荷を少なくすることを目標にしています。持続可能性を念頭に置いて、環境に与える負荷が必要以上に大きくならないように、そして、倫理的かつ社会的な振る舞いが株主およびお客様の期待と合致するよう努めています。

詳しく見る
 
 
このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.