Please select your country! -日本語 -JA 設定

設定

Please select your country!

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}

持続可能なビジネス

持続可能なビジネス

 

サンドビック・コロマントの持続可能性を目指した活動の世界的な展開は、気候変動に対する明確で多面的な展望を示すものです。平等と統合というベースの上に構築された当社チームの多様性は、私たちに地球温暖化の社会的影響に対するまったく別の展望を示しています。当社の従業員とその家族、そして彼らが暮らすコミュニティが安全で快適であること、それは、当社のような業界における持続可能性の唱道者である私たちの価値体系と責任に有機的にリンクしています。

しかしながら、製造部門はなお完全に環境と調和したものにされなければなりません。エネルギーおよびリソースの効率化という点では大きな進歩を遂げたものの、あるべき状態とは程遠いものです。

気候変動による温室化が進み、自然が牙をむくようになったことで、人々は本来あるべきであった自然への共感や敬意といったものをはぐくむようになりました。調和の重要性を深く理解する私たちは、より良い、環境に対してプロアクティブに取り組む未来を目指してその種を植える努力を続けていきます。



経済と社会は生存圏に組み込まれているものと考えられます。

写真提供者 イラスト: ストックホルム・レジリエンス


Click to enlargeClick to enlarge


 

新しい技術と材料を連携させ、それを採用することにより、私たちはエネルギー消費を低減するリーンマニュファクチャリングを達成することができるのです。より速い加工プロセス、より少ない停止と交換、より長い工具寿命、リサイクルされないチップやチップ、被削材や切削油といったスクラップの削減 – それぞれのわずかな調整および改善が製造業の経済学にまったく新しいマイルストーンを打ち立てるのです。当社の従業員、パートナー、サプライヤおよびお客様を巻き込むことで、当社は新規取引の機会を探り、協力して持続可能な未来を創造することができるのです。


 

環境および当社の従業員に対する義務感は、地球の現状によりそれについて考えるよう迫られて、最近になって形成されたものではありません。それは1970年代にまで遡ることができますが、リサイクル戦略の始まったのは10年前と考えることができます。このコミットメントは、当社の買取りプログラムを通じて80%の循環性を達成しました。

当社の超硬工具リサイクルについてはこちら


当社は過去数年にわたりCO2排出量を常時モニターしてきました。そして、全排出量を20%削減できました。再生可能エネルギーの利用可能度の上昇に伴い、当社はこのチャンスを全プロセスに組み込み、エネルギーの使用を改善する方法を探求しています。


 

当社は搬送体系を再考中で、カーボンニュートラルな製品および材料の製造により近づいています。私たちは工場と持続可能な設備を、当社の従業員や訪問者のことを考え、快適性と安全性に配慮して、長期にわたり環境に優しく使用できるように構築、刷新しています。

グリーンファクトリ―及びファシリティーでの取り組みについてもっと読む

​安全な環境および信頼性の高い作業プロセスの提供は、この業界において最優先事項です。また持続可能なビジネスとの組合せで、当社は、お客様に対しても従業員に対しても同様に、非常に効率的でクリーンなパフォーマンスを維持し続けることを約束しています。

未来は、良いことも悪いことも、さまざまな結果の可能性を秘めています。国連は2050年までに環境難民が2億人に達すると予測しています。この数値が最悪のシナリオである一方、これは現在の科学的推論に基づくものです。

科学者は3/4世紀にわたり温室化を理解していましたが、人間の活動が環境に及ぼす影響による損害の範囲を過小予測していました。「我ら共有の未来」 (ブルットランドレポートとしても知られている) によると、持続可能な開発は将来の世代に彼ら自身のニーズを満たすための能力についての妥協を迫ることなく、現在のニーズに適合する」といっています。

当社最大の製造工場をより環境にやさしくするための着実な取り組みについてはこちら

我ら共有の未来


 

シフトと推進

当社は業界をより良い方向に推し進めるチャンスがあります。それは当社が、パリ協定 (気候変動) および国連の持続可能な開発目標を支持しているからです。2030年までにシフトするために一歩を踏出し、社内の持続可能な力を推進するために、私たちはさらに何を選択すべきでしょうか?

当社は肯定的な変化を積極的に推進しています。また取消しできない、深い影響を受ける結果に対する抵抗についても積極的に取り組んでいます。未来の世代のために長期の存続と安定性を確保するために、当社は環境を守り、環境の回復の手助けに努めます。

これは、主に利益だけではなく、人と地球のために計画された、技術開発の新しい時代の始まりを意味します。自然は調和を求めています。当社はそれを尊重し、維持することを目指します。

サンドビック・コロマントとサンドビックグループは、持続可能なビジネスをより推進するシフトを行なうために、エニジニアリングおよび革新技術を使用することをコミットします。当社の目標はこのシフトをリードし、だれに対しても、どこででも、価値をお届けすることで、ビジネスのあらゆる面の持続可能性部分を実現します。

これを達成するためには、当社は2030年に向けて、4つの持続可能性目標に注力して参ります。


 

 
  • 当社は、より多くの循環ビジネスモデルおよびより多くのリソースの利用へのシフトへと邁進して参ります。当社の目標は90%以上の循環性です。
  • 気候への影響を低減する当社のコミットメントをお伝えします。当社はお客様のために、当社のビジネスにおける考え方および成果のシフトをめざしています。当社の目標を達成を援助するために、当社のサプライヤとも取り組んで参ります。
  • 当社は人々のために最も高いスタンダードを目指します。そして、そのスタンダードを一歩一歩高めて参ります。当社の目標はゼロリスクです。
  • 当社は、ルールを守りオープンであるリーダーであり、継続してより高い倫理および透明性を目指します。

“シフトについてはこちら”



世界のリーダーが持続可能な開発のために17の国際社会共通の目標にコミットしました。サンドビック・コロマントは、当社に最も関連のあり、積極的に貢献する目標を設定しました。

国際社会共通の目標に当社がどのように貢献するかはこちら


 

 

 
このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.