Please select your country! -日本語 -JA 設定

設定

Please select your country!

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}

​​​​​​​​​​

鋼旋削加工において

競争力を高める方法

をご確認ください

鋼旋削加工における課題を解決するための4つの方法

鋼旋削加工について

コストの削減

スクラップおよび廃棄ワークの低減と既存の加工セットアップの改善により、効率的な鋼旋削加工を達成することができます。良好な切りくず処理で安定した加工を続けるためには、部品当たりコストを削減することが戦略の一つになります。汎用性のある安定したチップ材種の選択、適切な加工法の選定、高精度クーラントとクイックチェンジソリューションの適用は、それを実現するにふさわしいソリューションです。

信頼性の高い材種およびブレーカ

工具寿命が安定していている材種を使用することで、鋼旋削加工をより確実、より効率的、そしてより生産性の高いものにすることができます。耐摩耗性および耐摩耗性の強化と工具寿命の延長により、持続可能な加工のための必要な前提条件である計画外の停止、超硬チップおよび被削材の無駄の最小化をサポートすることができます。

クイックチェンジソリューションによる時間の節約

クイックチェンジソリューションによって、測定、セットアップ、工具交換に要する時間が短縮され、機械稼働率が大幅に向上します。ロット変更時間の短縮にクイックチェンジを利用することで、1回の旋削加工において最大10分の時間を節約できます。その他の利点として、摩耗工具交換時のダウンタイムの低減、そして「最初のテストワーク」あるいは「試し削り」をなくすことで生産開始時間の迅速化を挙げることができます。

すくい面/逃げ面へのクーラントのメリット

クーラントは、製造コスト全般の削減にきわめて重要な役割りを果たします。正しく使用すると、生産量は最大になり、加工安定性が高まり、切削工具性能とワーク品質が向上します。これらはすべて加工を成功させるための重要な基礎となるものです。

先進的な工具およびテクノロジー

全方向旋削加工のような先進的なソリューションと新しいコーティングテクノロジーを採用した材種が、旋削加工を一変します。これらの重要なテクノロジーは、生産性、切れ刃当たりのワーク加工数、そして工具寿命を大幅に向上させることが可能です。

コンサルティングを予約する

推奨工具およびソリューション

鋼旋削加工用チップおよび材種

新世代の鋼旋削用材種GC4425およびGC4415は、工具寿命から耐摩耗性と耐熱性に至るまで、あらゆる観点において改善してます。これらの材種は工具寿命を最大25%向上させ、信頼できる安定した性能を示します。

標準ISO 旋削工具

プレミアムな旋削工具は、加工における課題に対応するために開発されたものです。最適化されたT-Max® PおよびCoroTurn® 107工具は、高精度クーラントとクイックチェンジソリューションとともに、安定した旋削、切りくず処理の改善、より高い切削速度を実現します。

ユニークな旋削加工ソリューション

全方向旋削加工が可能なCoroTurn® Prime、8コーナ仕様旋削工具CoroTurn® 300、 倣い加工用旋削工具CoroTurn® TRは、ワーク当たり加工コストを低下させ、機械投資の回収を迅速にすることで、製造コストを大幅に下げることができます。

生産量の増強

加工方法のほんのわずかな改善であっても、生産量の増大に大きな影響を及ぼすことがあります。正しいチップと工具、適切な切削方法の選択、そしてクーラントの正しい適用を確実なものにすることで、鋼製ワークをより短い時間で製造するために、切りくず排出量と機械稼働率を高めることができます。

高性能チップ

旋削チップの選定時に考慮すべきパラメータは多数あります。切りくず排出量を最大にするには、じん性が高く塑性変形に対する耐性に優れた母材と、断続加工において良好な性能を発揮するポストトリートメントのチップを選定します。必ず、安定した予測可能な性能を発揮し、耐摩耗性に優れ、工具寿命の長いコーティングを選択してください。

迅速でより確実な切りくず除去

鋼旋削加工においては、現在の機械セットアップの改善を常に心がけなければなりません。その中で、新しい可能性を探索し、新しいテクノロジーと方法を採用することが重要事項です。例えば全方向旋削加工を採用することで、切りくず排出量を大幅に増やし、50%を超える生産性の向上が可能になります。

工具を数秒で変更

クイックチェンジツーリングソリューションは、測定、セットアップ、工具交換時間の短縮により機械稼働率を高めます。ツールホルダの交換は5 - 10分から30秒へと短縮することができ、標準的な旋削加工1回につき10分の時間を節約できることになります。

工具性能を改善するには逃げ面へのクーラントを適用

生産量を最大にするには、逃げ面へのクーラント供給のある切削工具を使用します。逃げ面へのクーラントは切削領域の熱を制御し、工具寿命を延ばし、安定した加工をもたらします。切削速度あるいは送りを高めることで、大幅な生産性向上が可能になります。

コンサルティングを予約する

推奨工具およびソリューション

鋼旋削加工用チップおよび材種

新しい旋削材種GC4425およびGC4415は、じん性と塑性変形に対する耐性を両立させた新しい母材を特長としています。GC4415材種は安定した加工条件においてきわめて高い切りくず排出量を実現し、安定した大量生産向けの優れた選択肢となります。

標準ISO 旋削工具

T-Max® PおよびCoroTurn® 107は、生産性と信頼性に優れ、旋削加工を成功へと導きます。ツールホルダはクーラントを正確にすくい面と逃げ面の切れ刃へと直接噴射するノズルを備えていて、加工安定性を向上させ、卓越した切りくず処理を実現します。

ユニークな旋削加工ソリューション

旋削加工の生産性を新しいレベルへと導くために開発された先進的なテクノロジーを確認してください。CoroTurn® PrimeCoroTurn® 300CoroTurn® TRのようなソリューションは、2倍の速度と送りでの加工を可能にし、切りくず排出量の大幅な増大を達成します。

加工安定性の改善

切りくず処理は、鋼の旋削加工の際には常に注意すべき観点の一つです。切りくず処理が好ましくないと、切りくず詰まり、面仕上げの不良、工具欠損の原因となります。したがって、切りくず処理を改善し工具寿命を安定させることは、加工安定性改善に寄与する2つの重要な要因となります。これは、正しい切削方法の選択と適切なクーラントの使用により達成することができます。

効率的な切りくず処理

適切な切りくず処理には、ノーズR、切込み深さ、送りおよびチップブレーカの 4つの事項が関連しています。 ノーズRが小さい方が、大きなノーズRよりも切りくずをコントロールできます。ワーク材質によっては、切込み深さが大きい方が切りくず処理に影響があり、切りくずの破断および除去により大きな力が必要となります。加工を低送りから始めて、チップの安全性と加工面品質を確認してから、送りを上げて切りくず処理を改善してください

高精度クーラント

切りくず処理および切りくず排出は、高精度クーラントを使用することで効果的に解決できることです。高精度クーラントにより、切りくず処理の向上、工具寿命の延長、加工安定性および生産性の向上が実現されます。低圧でも良好な効果を得ることができますが、圧力が高いほどより加工が困難な被削材でも優れた加工結果を出すことができます。

適切なチップブレーカを選択する

切りくず処理の良好なチップブレーカを選択します。切りくずは、切りくず溝の幅と刃先形状および工具形状に基づいて開いた状態か、あるいはもっと圧縮された状態になります。チップの選択が正しくないと、工具破損とスクラップ部品の原因となり、コスト増加の主要な要因ともなります。

安全で確実なクランプ

びびりとたわみを回避するため、切削工具は常にできるだけ剛性と安定性を高くする必要があります。 — このことは、内径加工では特に重要です。工具はできるだけ長さが短く、できるだけ径が大きなものを使用してください。

コンサルティングを予約する

推奨工具およびソリューション

鋼旋削加工用チップおよび材種

新世代の鋼旋削用材種GC4425およびGC4415は、確実で信頼性の高い加工を実現するために最適化されています。結晶成長方位が改善された第2世代のInveio® (インヴェイオ) コーティングテクノロジーにより、卓越した性能を発揮します。

アプリとカリキュレーター

パラメータをわずかに調整するだけで、全体的な結果に大きな影響を及ぼすことができます。CoroPlus®ツールガイドは、加工方法、被削材および加工条件に基づいて推奨工具および切削条件を提示します。入力パラメータを基に切削設定を計算するには、加工計算アプリを使用します。

高精度クーラント付き工具

高精度クーラント、クイックチェンジソリューション、最適化されたT-Max® PCoroTurn® 107を組み合わせることで、切りくず処理の改善、固定されたノズル位置、高い切削速度といった数多くの利点が得られます。

加工部品品質の改善

高いワーク品質の達成に関して最も重要な要因は、良好な切りくず処理とびびりの低減です。知見と加工に関する専門知識と結びついた機械から刃先に至るまでの際てきな工具セットアップ、それがこれらの課題に対処するための最良の方法です。クランプホルダとクイックチェンジソリューションから高精度クーラント対応の工具およびチップまで、お客様の被削材と加工に最適なソリューションがあります。

正しい切削条件

正しい切削条件の選択

正しい切削速度と送りを選択することは、ワーク品質に大きな影響を及ぼします。最適な工具と切削条件を知ることは、安定した予測可能な加工プロセスのための前提条件です。必要となるすべてのパラメータを考慮すると、適切な切削工具と切削条件を選択するための最も簡単な方法は、オンラインツールガイドを使用することです。この方法はお客様のシステムに直接に一体化されていて、迅速に正確な推奨工具と切削条件を確認することができます。

安定した工具と確実なクランプ

切削号具が最適化されていても、最適な工具セットアップなしでは機能しません。工具とタレット間の安定性と剛性の高いインターフェースは、優れた繰り返し精度と高精度工具の基礎となるものですびびりは、生産量を高める際の機械における抑制要因となることが珍しくありません。防振型ボーリングバイトを使用することで、切削パラメータを高め、より安定したびびりのない加工を実現し、その結果として加工面品質を改善することができます。

最適な材種とブレーカ

被削材に応じて最適化された材種とクーラント供給のあるチップブレーカは、厳しい公差に適合し、良好な加工面品質と加工安定性を得るための重要な要因です。卓越した加工面品質を達成するには、ワイパーチップを使用してください。

内部高精度クーラント

あらかじめ適切な方向へと設定されたノズルにより切削領域に直接給油する高精度クーラントは、良好な切りくず処理を達成することが可能です。クーラントを適切に適用することで加工安定性が高くなり、工具性能とワーク品質が改善されます。

コンサルティングを予約する

推奨工具およびソリューション

鋼旋削加工用チップおよび材種

仕上げ加工から荒加工まで、GC4425およびGC4415材種は鋼旋削における第一推奨です。第2世代のInveio® (インヴェイオ) テクノロジーによりコーティングされ、工具寿命を大幅に改善すチップブレーカを備えたこれらの材種は、幅広い加工範囲に対応し、連続切削にも断続切削にも推奨できます。

アプリとカリキュレーター

CoroPlus®ツールガイドで正確な推奨工具を迅速に確認できます。入力パラメータを基に切削設定を計算するには、加工計算アプリを使用します。

ISOおよび独自の旋削加工ソリューション

良好で一定した性能を発揮する旋削工具T-Max® PおよびCoroTurn® 107を使用してワーク品質を高めましょう。生産を新たなレベルへと引き上げる独自ソリューションとして、CoroTurn Prime™, CoroTurn® 300またはCoroTurn® TRがあります。

鋼旋削用新材種GC4425/GC4415

立ち止まることのない開発

鋼旋削加工において競争力を高める方法をご覧ください。

あらゆる観点における改善

鋼旋削用新材種は耐熱性、耐摩耗性、チップ寿命などあらゆる面で優れた性能を発揮します。

 
 
このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.