Please select your country! -日本語 -JA 設定

設定

Please select your country!

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}

時間を大切に

切削加工インサイド 2020-02-20 Ben Hargreaves ジェームス・タイ

英国の高級時計メーカーであるブレモン (Bremont) 社は、工場の製造能力を倍増するためのターンキー (完成引き渡し) 生産セルの導入に際して、サンドビック・コロマントおよびDMG森精機との戦略的なパートナーシップをフル活用しました。

​​​高級時計メーカーBremont Watch Companyは、まさに英国の製造業におけるサクセスストーリーです。


ニック・イングリッシュとジャイルス・イングリッシュ兄弟により2002年に設立された同社は、パイロット向けの認定タイムピース製造に特化しており、入念に組み立てられたその製品は、英国はオックスフォードシャーのヘンリー・オン・テムズにある本社の専用施設で耐庄性および品質を検査されます。

英国国防省は同社の主要顧客で、Argonautなどの時計は英国空軍のサービススタッフなどのメンバーの間で好評を得ています。多くの時計は特定の部隊や連隊用にカスタマイズされていて、小売価格が3,000~25,000ポンドとなる同社への設計依頼は増加しています。

そのため、本社から車で数分のところに位置する同社の専用製造施設は大忙しです。この工場は最近、新しい6種類の時計のためのステンレススチール製トップベゼル、中間セクション、およびケーシングの製造能力が2倍に拡張されました。これは、サンドビック・コロマントがツーリングを担当したDMG森精機製の最新5軸マシニングセンタNTX 1000により実現されたものです。

6箇月に及んだプロジェクトについて、英国サンドビック・コロマントの機械搭載ソリューションチームの機械搭載スペシャリストである​マシュー・ベイツ は、「最初から『立ち上げ時から完全に機能する』ソリューションというのが目標でした。私たちは、ブレモン社が新しいシステムをすぐに使えることを望んでいました。」と説明しています。

そのためには、このジョブに対して適切なツーリングを選定するために、工作機械メーカーであるDMG森精機のエンジニアとの緊密な連携が必要でした。ベイツは、「6種類の新しい時計を作るということは知っていました。図面を入手すると、私たちはDMG森精機のアプリケーションエンジニアと会って、使用する標準工具のリストを作成し、どこで非標準工具が必要となるかについて決定しました。」と話しています。

ブレモン社の時計は分針ねじと面取り部に特徴があり、時として特殊工具が必要となることがあります。たとえばベイツはあるプロジェクトに関して、英国にある工場のみが特定のタイプのタップを供給可能であることを突き止めました。彼は、「何か大きなものを製造する場合には、考えられるツーリングには実に多くの選択肢があります。しかし時計のようにとても小さいものを製造する場合、使えるものに制限があるのです。」と説明します。

DMG森精機製NTX 1000は、このジョブのために専用に選定された30の工具を格納した回転式マガジン (オプションで最大76工具に対応可能) 付きで設置されました。Coromant Capto®ツールホルダが採用されました。2本の主軸を備えたこの機械は、旋削加工と高速5軸フライス加工を同時に行うことができます。現在ではこの製造システムにより、ステンレス鋼バー材から完成コンポーネントまでを、オペレーター不要の24時間体制で加工することができます。

DMG森精機のアプリケーションマネージャーであるフレデリック・ショート は、サプライヤーはブレモン社の製造工程に対応させるため、NTX 1000のサブスピンドル向けに専用のワーク保持機構を設計、製造する必要があった、と説明しています。彼のエンジニアリングチームは、オフラインCAMシステムを使用しての機械のプログラミングと、ベリカットが提供するNCコードのシミュレーションに時間を費やしました。彼は、「現場に赴く前に、私たちはこの作業に多くの時間を費やしました。サンドビック・コロマントとともに私たちは必要工具数の低減に成功し、ブレモン社は必要なもののみを購入することとなりました。」と話しています。

この共同作業により導入時のトラブル発生を最小に抑えることができ、ブレモン社の500,000ポンドの投資の早期回収が見込まれます。サンドビック・コロマントの北欧担当戦略関係責任者のジェームス・リース・デービスは、本件のようなターンキー (完成引き渡し) 製造ソリューションの実現の要望が増加していることを指摘し、「時として最初の投資コストは高くなることがありますが、早期の投資回収と機械の実働時間の最大化というメリットにより部品当たりコストは一般に非常に低いものとなるので、ターンキー生産セルというオプションはとても魅力的なものなのです。」と話しています。

一旦新しい機械が設置されると、ブレモン社は時計コンポーネントのフル生産を、計画に従って直ちにスタートさせることができました。

ブレモン社の製造責任者であるマルコム・ケント (Malcolm Kent) 氏は結果を大いに喜んで、「コンポーネントの製造がとても簡単なことに驚かされました。ヘンリー (本社所在地) からの要請に遅れないようにするため四苦八苦していましたが、今では本社にもっと仕事を送れと言っているほどで、これがあるべき状態なのでしょう。」と話してくださいました。

 

 

「これは感動的だ!」/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_A-dec_07.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_adec.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06「これは感動的だ!」一見小さな穴だが、これをコロミルプルーラHDで切削することにより、米国の歯科機器会社A-dec社の工具寿命は253%も大きく改善した。Inside metal cuttingUnited States
火星を目指して/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_Aerojet_04.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_aerojetrocketdyne.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06火星を目指してロケットエンジンの製造会社、エアロジェット・ロケットダイン社は、サンドビック・コロマントとの協力により、同社の最新のプロジェクトを文字通り、軌道に乗せようとしている。Metalworking WorldInside metal cuttingUnited States
揺れの少ない 乗り心地/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_Amar_2.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_amar.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06揺れの少ない 乗り心地インド、ファリダバード。鋳造及び金属加工会社が、重要取引先向けボギー台車の品質問題に直面した時、サンドビック・コロマントは加工時間及びコストを削減する 解決策を提案した。その結果、完成品の品質は驚くべきものになった。AutomotiveInside metal cuttingIndia
未来の工場を作る/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_AMRC_01.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_amrc.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06未来の工場を作るイギリスの先進製造プロセス研究センター (AMRC) の最新プロジェクト「ファクトリー2050」は、新しい産業革命への準備を進めている。メタルワーキングワールドは、製造技術における今後のイノベーションについて最高技術責任者のサム・ターナー氏に話を聞いた。AerospaceInside metal cuttingGreat Britain

このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.