-日本語 -JA 設定

Not signed-in

設定

Please select your country!

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}

飛躍的な進歩

切削加工インサイド 2018-04-26 RF Mamoowala Ashesh Shah

鋼材の難しい加工を伴う新規受注の課題に直面していたインドのある航空機部品製造メーカーは、サンドビック・コロマントが開発した新しい加工方法 PrimeTurning™ によって、生産性向上とサイクルタイムの短縮を実現することができた。

2015年、インドの航空宇宙産業におけるトップメーカーのゴドレジ・エアロスペース(輸出ユニット)は、最新エンジンの重要な構成部品を製造・輸出する注文を獲得したが、その部品材料は、耐腐食性と耐亀裂性に優れた特殊な鋼材だった。「メジャーなグローバル顧客向けに部品製造を行ってきた経験があったので、ステンレス鋼合金の加工ならば、納品に迅速に対応できると考えていました。」と、ゴドレジ・エアロスペースの運用本部長、ナレンドラ・パトウォードハン氏は振り返る。

しかし、工場ではすぐに、この特殊なステンレス鋼種はこれまでと異なり加工がきわめて難しく、既存の工具一式では、効率的かつタイムリーに対応できないことが判明した。「そこで、切削工具を変えることが必要になったのです。」と、パトウォードハン氏は言う。
新しいエンジンへの高い需要を受けて、顧客が迅速な納品を要求したため、ゴドレジ・エアロスペースは最適なソリューションを求めて、サンドビック・コロマントを含む、いくつかの工具サプライヤに接触した。「顧客企業は数多くの注文を獲得していましたが、それは同時に顧客からの当社の受注増加を意味しました。」と、パトウォードハン氏は回想する。「当社の契約では、仕事の負荷がどれほど大きくても、私たちはそれを受け入れ、契約を遂行しなくてはなりません。顧客からは、当社が生産能力を上げて、約束通り納品できるか、さもなければ、もし遅延によって業績が影響を受けるなら、他の会社を探すだけだ、と言われました。」

向こう6か月でこのニーズに対応するために、ゴドレジ・エアロスペースは週当たりの生産量を2ユニットから10倍の20ユニットまで、徐々に増やさなくてはならなかった。「飛躍的な進歩が必要だった私たちは、奇跡をもたらす切削工具を頼りにしていました。」と、彼は語る。
2016年の同じ頃、サンドビック・コロマントは、画期的な旋削加工方法であるPrimeTurningと専用工具を発表した。長年にわたり関係の深い顧客企業だったゴドレジ・エアロスペースから話を持ちかけられた際、サンドビック・コロマントは同社にこの新しい工具を提案した。「機械に取り付けた工具を見れば、結果は明らかです。」と、サンドビック・コロマントの旋削工具担当製品スペシャリスト、ラフール・イナムダーは言う。「午前中にテスト加工を開始しましたが、夕方には、このソリューションはうまく機能するだろうとお客様は確信されました。」
従来の旋削加工とは異なるPrimeTurningでは、クランプの安定性が損なわれる懸念があったが、サンドビック・コロマントはすぐに技術的なソリューションで対応し、発生する切削抵抗がより低い仕上げ用チップを提供した。
PrimeTurningを使ったテスト加工は2週間で終了し、性能の一貫性とスピードの両方が証明された。実際、切削時間は45分から15分に短縮され、サンドビック・コロマントのPrimeTurningツールは、まさにゴドレジ・エアロスペースが探し求めていた、奇跡をもたらす工具となった。「本当に安心しました。」と、パトウォードハン氏は振り返る。「顧客企業からのプレッシャーは日に日に強くなっていましたが、このソリューションによって、その課題に応えることができたのです。」
サンドビック・コロマントのムンバイ地域担当マネージャー、タルーン・ベラーニによると、PrimeTurningの導入により、ゴドレジ・エアロスペースは、以前は2、3の部品加工に要した時間で、今や10~12の部品を加工できるようになった。「時間短縮によって生産性が向上したおかげで、労働力を他の作業に使うことができます。」と、彼は語る。

年間売上が​400万米ドルに達し、今後2年でさらに1000万米ドルにまで拡大するという野心的な計画を進めるゴドレジ・エアロスペース(輸出ユニット)にとって、このソリューションは新たな展望を切り開くものとなった。「この切削加工ソリューションは、当社が抱えていた多くの問題を解決してくれました。」と、ゴドレジ・エアロスペースの製造部長代理、ジャグディシュ・ガヴァーリ氏は言う。以前は、切削加工のサイクルタイムが今よりも長かったため、工具寿命は短くなり、長いコイル状の切りくずが発生していました。このような切りくずは機械内でからまり、切削加工に悪影響を及ぼすおそれがあるため、オペレータは一定時間ごとに切りくずを取り除かなくてはならず、これが大きな疲労の原因となっていたのです。今では、切りくずはPrimeTurningによって細かく破断されるので、問題はすっかり解決しました。」
さらに彼は、旋削加工のサイクルタイムが45分から15分に短縮されたことで、オペレータの士気が大いに高まり、生産性向上と疲労軽減が得られたと付け加える。
「前にお客様から、当社が製造する部品を30%から60%に増やすよう求められましたが、私たちはこの要望を8か月で実現しました。」と、彼は続ける。「当社は納期内の納品を100%達成しています。」
ゴドレジ・エアロスペースの購入担当シニアマネージャー、キラン・カンガー氏は、PrimeTurningの工具は価格は高くなるが、最終的な成果を見れば、コストの追加は十分納得できると語る。「私たちは常に生産性と部品当たりコストに着目しています。」と、彼は言う。「サイクルタイムの短縮と生産性向上が実現できて、本当に嬉しく思っています。(サンドビック・コロマントの)ロジスティックスとサプライチェーンは素晴らしく、納期遵守が確保されています。」
パトウォードハン氏によると、ゴドレジ・エアロスペースはPrimeTurning を他の受注案件でも使用することを計画している。「このようなじん性の高い被削材で機能するならば、ステライト合金など当社で使用している他の被削材でもうまくいくでしょう。」と、彼は言う。「サンドビック・コロマントは以前からずっと信頼の置けるパートナーですし、革新的な技術ソリューションの提供により、両社の協力関係はさらに強くなると私たちは見ています。」
彼は続ける。「今後、サンドビック・コロマントにはより多くの課題に取り組んでいただくことと思いますが、彼らならば最適なソリューションを提供してくれると私は確信しています。」

 

 

大成功/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_PRO_CAM_06.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_procam.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06大成功50台のコンプレッサーハウジングの注文は魅力的だった。しかし、2.4トンの大型立方体加工物は、スイスの新興企業であるPRO-CAM CNC AG社を未知の領域に踏み込ませるものだった。パートナーのサンドビック・コロマントのサポートにより、同社は契約を獲得し、6カ月後には製品を納入することができた。Metalworking WorldInside metal cuttingSwitzerland
強力なタッグ/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_PietroCarnaghi_01.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_pietrocarnaghi.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06強力なタッグ立旋盤、可動門形フライス盤(ガントリータイプ)やフレキシブル生産システム (FMS) のトップメーカーであるピエトロカルナギ社は、かなり以前からサンドビック・コロマントとの協力により、革新的なターンキーソリューションを顧客に提供している。Coromant CaptoInside metal cuttingItaly
Think small/SiteCollectionImages/stories/Inside%20Manufacturing/IM_Huston_01.jpg?RenditionID=7http://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_houston.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06Think smallKnust-Godwin社は、石油産業の長期低迷によって方向転換を余儀なくされたが、 サンドビック・コロマントがそのサポートを行った。Inside metal cuttingUnited States
未来の工場を作る/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_AMRC_01.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_amrc.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06未来の工場を作るイギリスの先進製造プロセス研究センター (AMRC) の最新プロジェクト「ファクトリー2050」は、新しい産業革命への準備を進めている。メタルワーキングワールドは、製造技術における今後のイノベーションについて最高技術責任者のサム・ターナー氏に話を聞いた。AerospaceInside metal cuttingGreat Britain

このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.