-日本語 -JA 設定

Not signed-in

設定

Please select your country!

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}

メイド・イン・ブルターニュ

切削加工インサイド 2018-01-25 Louise Nordström Audrey Bardou

リスクを厭わない企業家精神と新しい技術をいち早く取り入れる積極性で、フランスのSMPL社は、地方の小さな精密機械工場から世界に名だたる会社へと成長を遂げた。

フランス西海岸​に面した、世界的に有名なモルビアン湾の入り口にある小さな村がロシュフォール・アン・テールだ。丘の頂上に位置する、住民700人のこの村は、12世紀に建てられた城や石畳の狭い路地、そして何よりもこの土地に住む熟練の職人たちと旺盛な企業家精神で知られている。
SMPL社(La Société de Mécanique du Pays de Lanvaux:ランヴォー地区の機械会社の意)は村から目と鼻の先にあり、これらの特性を象徴する存在だ。 1980年に設立された、面積2,000平方メートルを擁するこの機械工場は地域の成功事例の1つで、過去10年間だけで同社の収益は2倍、従業員数は3倍に増加し、工場の総面積は4倍に拡大した。現在、同社はサンドビック・コロマントの最新工具のパイロットテスト工場としての役割も担っており、農業から航空機産業まであらゆる産業分野向けに特注の機械部品を製造している。ブルターニュ地方の小規模な市場から、世界に目を向けた一企業へと成長し、今や中国、ブラジルや南アフリカなどの国々へ製品を送り出すようになった。
この目覚ましい転換は、隣村出身の行動力溢れる若い企業家、オリヴァー・ゴエトニック氏の功績と言えるだろう。機械工場に関する知識を持っていたゴエトニック氏は、弱冠32歳で最初の工場を購入した。2年後に買い取ったSMPL社が2番目で、その後すぐに3番目の工場を合併した。

「私が来た頃、SMPL社は従業員12名の切削加工工場にすぎませんでした。 」と、現在、オーナー兼社長のゴエトニック氏は回想する。「オーナーが退任し、会社の成長、あるいは刷新はもはや止まっていました。もし、それまでと同じ方法で続けていたら、今日の弊社はなかったでしょう。」
SMPL社の転機の始まりは、リスクを伴うものだった。「私は常にリスクを冒してきましたが、それが功を奏しました。」と、ゴエトニック氏は説明する。「リスクを負わなければ、成功はありません。」しかし、このリスクはもう少しで裏目に出るところだった。
5年ほど前、ロボットセルに特化した会社が、SMPL社に対してある大規模な取引を申し出た。その会社は、ルノーやプジョーなど世界的に有名な自動車メーカー向けに鋳造部品のバリ取りを行う、業界のマーケットリーダーの一員だった。新しい市場への参入を切望していたSMPL社はその提案を受け入れたが、間もなく事態は複雑な様相を呈してきた。
「とにかく仕事が多すぎました。」と、ゴエトニック氏の右腕である技術主任のジェラール・ジョバン氏は振り返る。「お金を稼ぐどころか、むしろ赤字でした。というのも、部品ごとに少なくとも15人時の工数がかかったからです。もう絶望的でした。」

しかし、この取引を放棄することは望まなかったため、SMPL社のチームは、競合他社の間で何度も耳にしていたブランド、サンドビック・コロマントに助言を求め、Silent Toolsの製品群に投資を行った。
「すべてが変わりました。」と、ジョバン氏は言う。「突然、部品ごとにかかる時間がたった10時間になり、仕上げ品質はミクロン単位まで完璧でした。」
この経験が、SMPL社とサンドビック・コロマントとの重要な協力関係の端緒となった。新しい工具を試すことへの熱意と「新し物好き」の姿勢により、SMPL社は最終的に、サンドビック・コロマントの製品テストパートナー企業として、CoroCut QD、CoroTurn 300、CoroTurn Primeと、2017年10月1日に市場投入される新製品のCoroTurn QDYを含む製品テストを行うこととなる。
「最初にCoroTurn Primeを使ったプライムターニングの様子を見たときは、自分の目が信じられませんでした。」と、ジョバン氏はあらゆる方向での旋削加工が行えるCoroTurn Primeの高い能力を評する。 あまりに印象深かったため、彼は実際に加工の様子を録画し、CoroTurn Primeの正式な発売日の2週間前にインターネットに投稿した。この動画は発売日までに11,000回を超える再生を記録した。
サンドビック・コロマント、フランス支社のジョスラン・ブランシェは、SMPL社とサンドビック・コロマントの協力関係はとても貴重なものだと指摘する。「両社のパートナーシップは、非常に大きな信頼と専門知識に関するリアルな情報交換に基づいています。私たちは本当にラッキーです。」

 

 

大成功/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_PRO_CAM_06.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_procam.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06大成功50台のコンプレッサーハウジングの注文は魅力的だった。しかし、2.4トンの大型立方体加工物は、スイスの新興企業であるPRO-CAM CNC AG社を未知の領域に踏み込ませるものだった。パートナーのサンドビック・コロマントのサポートにより、同社は契約を獲得し、6カ月後には製品を納入することができた。Metalworking WorldInside metal cuttingSwitzerland
強力なタッグ/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_PietroCarnaghi_01.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_pietrocarnaghi.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06強力なタッグ立旋盤、可動門形フライス盤(ガントリータイプ)やフレキシブル生産システム (FMS) のトップメーカーであるピエトロカルナギ社は、かなり以前からサンドビック・コロマントとの協力により、革新的なターンキーソリューションを顧客に提供している。Coromant CaptoInside metal cuttingItaly
Think small/SiteCollectionImages/stories/Inside%20Manufacturing/IM_Huston_01.jpg?RenditionID=7http://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_houston.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06Think smallKnust-Godwin社は、石油産業の長期低迷によって方向転換を余儀なくされたが、 サンドビック・コロマントがそのサポートを行った。Inside metal cuttingUnited States
未来の工場を作る/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_AMRC_01.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_amrc.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06未来の工場を作るイギリスの先進製造プロセス研究センター (AMRC) の最新プロジェクト「ファクトリー2050」は、新しい産業革命への準備を進めている。メタルワーキングワールドは、製造技術における今後のイノベーションについて最高技術責任者のサム・ターナー氏に話を聞いた。AerospaceInside metal cuttingGreat Britain

このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.