-日本語 -JA 設定

設定

Please select your country!

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}

Y軸に注目

切削加工インサイド 2018-11-29 Kip Hanson Kathryn Gamble

あまりに良い話で、まるでうそのような広告もある。しかし、Y軸突切り加工用工具CoroCut QDの広告は、そのメッセージに応えるものであり、米国のValley Machining社の一部の作業において500〜600%の改善をもたらした。

ブレント・シェルスキー氏は、目のつけ所が違う。Valley Machining社のプロセス改善エンジニアである彼は最近、技術情報を求めてサンドビック・コロマントのウェブサイトを見ていた。このとき、新式の切削工具の広告に遭遇したが、それは一見すると従来の旋削加工のルールを破るようなものであった。Y軸突切り加工用のCoroCut QDと呼ばれる新しい工具に秘められた可能性にシェルスキー氏は興奮した。そして、それは機械オペレーターにとっても、そうでない人にとっても共感できるものである。


Valley Machining社には長年にわたる技術革新の歴史がある。1980年に、レン・ヴァン・オッテルロー氏とチャック・ヴァ・スティーグ氏の両創業者によって設立された同社は、かつてマルチスピンドル旋削加工を専門に行っていた。アイオワ州ロックバレーにある同機械工場は、以来、急成長を遂げ、現在の従業員数は85人、製造スペースは9,300平方メートルに達している。そして、北米および世界各国の顧客に精密加工部品を提供している。

現在も独自のCAM対応マルチスピンドル旋盤が多く使用されている一方、Valley Machining社は工作機械の技術革新に遅れを取らないよう、長年、多数のCNCマシニングセンタや高度なマルチタスク旋盤に投資してきた。ダブルスピンドル、ライブツール、Y軸旋盤など、こうした加工機の加工計画開発に取り組んでいたシェルスキー氏は、最寄りのツーリング販売代理店であるCline Tool社のディック・カーステン氏にサンドビック・コロマントの最新の突切り加工用工具について問い合わせた。

「ダブルスピンドル旋盤の場合、突切り加工時以外、通常は部品の両面を同時に加工できます」と彼は言う。「このとき、各スピンドルが使用されるため、ここでの改善は大幅な改善の可能性につながります。サンドビック・コロマントのウェブサイトに掲載されている動画では、このY軸突切り加工技術を使用する場合は、最大3倍の速さの送り速度が提案されていました。正直に言って、私は少し懐疑的でしたが、自分自身で確認することに決めました」。

その作動原理は?従来の突切り加工の場合、切削工具は旋盤の横送り台またはX軸を使用して加工物に送られる。これは機能するものの、突切り加工は工具寿命や予測可能性に関して最も困難な加工であり、特に大型加工物では、良好なクーラント供給と切りくず排出の実現が難しいと旋盤オペレーターの誰もが口をそろえる。

しかし、Valley Machining社の生産現場にあるような新しい旋盤の多くは、フライス加工機と同じようにY軸上で工具を上下に動かすことが可能だ。これは、たとえば、加工物の正面にポケット加工する場合や、縦方向に溝をフライス加工する場合に最適である。

サンドビック・コロマントはこの機能を活用して、数十年前のX軸突切り加工用工具の構造を同社のヘッドに変えた。すると、工具をY軸上で上に動かした場合、大部分の切削抵抗が垂直方向に転換され、取付けブロックや最もサポートの強い領域に向かうことにシェルスキー氏は気付いた。その結果、工具寿命が向上し、部品品質が改善して生産性が大幅に上がった。

シェルスキー氏が大きな転機となる電話をかけた数日後、定期的な訪問者が彼をオフィスで待ち受けていた。Valley Machining社を担当するイエローコートツーリングエンジニアのライル・シュナイダーである。CoroCut QD突切りブレードが準備されていた。2人は作業現場に向かい、仕事に取りかかった。

プログラムをいくつか調整した後、シェルスキー氏の要望に応えるため機械設定の微調整が行われ、突切り加工用工具の新しい刃先形状に合わせてツールブロックが改良された。CoroCut QDはサンドビック・コロマントの約束通りに機能しただけでなく、それはシェルスキー氏の予想をはるかに上回るものだった。

「これまでに私たちが経験した改善率は最低で200~300%でしたが、ほとんどの加工作業では500~600%近くまで改善されています」と彼は言う。「工具寿命も向上しましたが、それよりも重要なことは、工具寿命に一貫性があることです。もう予想外のことは起こりません。私はいつも新製品や新しい方法を試していますが、これは、あらゆる切削工具のなかで最も大きな改善だと思います。私は、人々を機械のところに連れて行き、それがいかに素晴らしく動作するか見せることが大好きです。サンドビック・コロマントのCoroCut QDは本当に大成功です。私は、もう二度と疑ったりしませんよ」。
 

 

 

飛躍的な進歩/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_Gundrej_06.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_godrej.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06飛躍的な進歩鋼材の難しい加工を伴う新規受注の課題に直面していたインドのある航空機部品製造メーカーは、サンドビック・コロマントが開発した新しい加工方法 PrimeTurning™ によって、生産性向上とサイクルタイムの短縮を実現することができた。Metalworking WorldInside metal cuttingIndia
大成功/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_PRO_CAM_06.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_procam.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06大成功50台のコンプレッサーハウジングの注文は魅力的だった。しかし、2.4トンの大型立方体加工物は、スイスの新興企業であるPRO-CAM CNC AG社を未知の領域に踏み込ませるものだった。パートナーのサンドビック・コロマントのサポートにより、同社は契約を獲得し、6カ月後には製品を納入することができた。Metalworking WorldInside metal cuttingSwitzerland
強力なタッグ/SiteCollectionImages/stories/Inside Manufacturing/IM_PietroCarnaghi_01.jpghttp://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_pietrocarnaghi.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06強力なタッグ立旋盤、可動門形フライス盤(ガントリータイプ)やフレキシブル生産システム (FMS) のトップメーカーであるピエトロカルナギ社は、かなり以前からサンドビック・コロマントとの協力により、革新的なターンキーソリューションを顧客に提供している。Coromant CaptoInside metal cuttingItaly
Think small/SiteCollectionImages/stories/Inside%20Manufacturing/IM_Huston_01.jpg?RenditionID=7http://coromantadmin.prod.tibp.sandvik.com/ja-jp/mww/pages/im_houston.aspx0x010100C568DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2007948130EC3DB064584E219954237AF3900FFEB28D1E96F42FE90C43C7046D97B7600BA664B82383473419579DAFAB4DD3B06Think smallKnust-Godwin社は、石油産業の長期低迷によって方向転換を余儀なくされたが、 サンドビック・コロマントがそのサポートを行った。Inside metal cuttingUnited States

このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.