-日本語 -JA 設定

Not signed-in

設定

Please select your country!

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}


2018-04-05

パワースカイビング:生産性および柔軟性の高い、ギアとスプラインの加工方法

 

パワースカイビングがコンセプトとして考案されたのは、もう1世紀以上も前ですが、その開発が新たな展開を見せたのは、ようやく最近のことです。より堅牢で剛性の高い機械と主軸の高精度な同期制御が急速に進化した結果、パワースカイビングは、今や現実的な加工方法として、広く活用されています。

従来の加工方法と比較すると、パワースカイビングには、いくつかの重要な利点があります。パワースカイビングでは、1台の複合加工機またはマシニングセンタ、1回のセットアップで部品を完成させることができるため、複数の専用機が不要となって効率アップにつながり、機械の切り替えに伴う品質制約もなくなりました。これにより、ブローチング加工、シェーピング加工およびホブ加工を行う加工プロセスと比較して、総生産時間が大幅に短縮され、管理および予測が可能な部品加工が実現できます。

パワースカイビングの高いポテンシャルを示す一例として、あるお客様の加工事例では、低合金鋼でのメインギアの時間のかかるシェーピング加工をパワースカイビングに切り換えたところ、加工時間が90%短縮され、工具寿命も大幅に向上しました。さらに、それまで使用していた4台の専用機を、2台の複合加工機に置き換えることができました。

パワースカイビングは、内/外両方の歯車およびスプラインの加工に適用可能ですが、特に内径加工において高い生産性を発揮します。また、この加工方法は、短いリードタイムがきわめて重要な大量生産に最適です。小~中ロット生産の場合は、柔軟性の高いInvoMilling™ テクノロジーが推奨されます。

サンドビック・コロマントは、今日の金属加工業界における様々な加工ニーズに対応する、数種類の包括的なソリューションを提供しています。CoroMill® 178 PM-HSS(粉末冶金高速度鋼)および超硬カッターは、 最高の工具精度を発揮する高性能工具で、モジュール範囲 0.5-5 (DP 50–5) に対応します。CoroMill® 179 および CoroMill® 180 は、抜群の繰り返し精度を実現するレールチップシートを備えた刃先交換式カッターで、モジュール範囲 2.5–8 (DP 10–3) に対応します。

パワースカイビングの詳細情報については、最寄りのサンドビック・コロマント営業所にお問い合わせください。



{{ asset.Title }}

{{ asset.Description }}

 
 
 
このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.