Please select your country! -日本語 -JA 設定

設定

Please select your country!

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}

設計およびプランニングソリューション

切削工具を選択し、CAMの準備をさらに効率的にする方法

多数の決定と細部にいたるまでの細心の注意は、あらゆる効率的な加工の前に必要なものです。コンピュータ支援製造(CAM)のプログラマー、生産管理マネージャー、機械オペレーターが直面する、時間のかかる典型的なタスクには、以下のものが含まれます:

  • 特殊な加工を行うための最適な切削工具と切削条件の選択 – さまざまなサプライヤの何万もの工具からの選択。
  • プログラミングやシミュレーションにおいて工具を正確に示すことができる工具データの検索 – 代わりに、さまざまなカタログやウェブサイトの情報に基づいた、ゼロからのデジタルツールアセンブリの作成。
  • 高度な加工方法向けの効率的で安全なCNCプログラムの生成。

最新の産業向けソリューションの使用によって、これまでは個人のスキルと経験に大きく依存していた多くのプロセス計画タスクをより迅速に行うことができ、最適な結果が得られます。



 

接続されたプロセス計画ソリューションにより、切削工具の選択とコンピュータ支援製造(CAM)のプログラミングにおいて高速化と精度向上が可能になります。



工具と切削条件の選択のアルゴリズム

切削工具と切削条件の選択は、加工における効率と生産性を左右する可能性があるプロセスの1つです。そのジョブに最適な切削工具と使用すべき切削条件を選択するための基礎となるのは情報です。検証と管理がうまく行われている切削工具の情報は、工具の高さ、重量、半径といった重要な物理的パラメータだけでなく、その能力も明確にします。

最近の機械工場では印刷版カタログは少なくなってきていて、そこではデジタルソリューションが、特殊な加工タスクに合うように完璧に適合させた推奨工具と推奨切削条件を算出します。シンプルな画面上のインターフェースにより、ユーザーは加工アプリケーションをすばやく指定し、使用すると最も生産性の高い工具をすぐに表示させることができます。

サプライヤのすべての切削工具に関連する情報をすべて評価するアルゴリズムによって推奨値が生成されます。ユーザーによる追加の入力、さらにはどの材料を加工するか、どの工作機械を使用するかといった加工タスクの指定によって、推奨工具がリアルタイムで正確なものになります。

補助的であるが役立つ推奨切削工具ソリューションへのエントリーポイントは、手元にあるメーカーの特殊工具から始まります。切削工具サプライヤの推奨初期値は「安全な間隔」の中で作成されますが、最適化はされません。工具の真の能力と特殊な加工タスクに最適な切削条件は、タスクに関する追加情報が推奨切削条件ソリューションに提供される場合にのみ提示されます。

推奨工具と推奨切削条件ソリューションは、オンラインでもオフラインでも、定置式機器でも携帯機器でも利用できるようになっています。業界内で活動するさまざまな会社間のパートナーシップにより、切削工具サプライヤからの推奨工具と推奨切削条件は、CAM、シミュレーションおよび検証ソフトウェアでこれまでより頻繁に使用される機能になっています。




切削工具情報により、最も生産性の高い工具と切削条件の選択の推奨が可能です。


一般的な工具分類(GTC)の構造。

システム間でのシームレスな切削工具データの交換

メーカーにとっての価値向上を可能にする、会社の枠を超えた開発へのカギとなるのは標準化です。ISO 13399は切削工具情報の国際規格であり、その中では各切削工具が多数のパラメータで定義されています。

この規格では、特定のシステムや特定の会社の用語とは関係のない、中立的なフォーマットで切削工具情報が定義されています。すべての準拠ソフトウェアが加工できる基準に基づいて明確に定義された工具を使用すると、通信の品質が良くなり、システム間の電子データ交換がスムーズに進みます。

この規格で時間の節約とさらなる品質の向上が得られます。システム間のやり取りから見た場合、共通言語は使用可能ですが、ユーザーをもっと楽にすることもできます。ISO 13399準拠のシステムがあれば、データを手動で解釈する必要がありません。

近年の標準化の分野におけるさらなる進歩が一般的な工具分類(GTC)です。基本的に、GTCは切削工具情報をマッピングして構造に分類する標準的な方法であり、使用システム間でのシームレスな情報の交換を可能にします。

ISO 13399とGTCがかなりの時間節約と向上した加工安定性をもたらす応用例は、CAMプログラミングとシミュレーションで使用する切削ツールアセンブリの準備が挙げられます。両規格に対応するツールライブラリサービスで作成された切削ツールアセンブリは、対応するCAM(または同様の)システムに保存し、シームレスにインポートすることができます。

より密接にプロセスとシステムが結びつくほど、より価値の高いものをその産業に対して生み出すようになります。このことは確実に、高度な加工方法向けのCNCコードの生成にも当てはまります。プログラマーは、CAMソフトウェアに組み込まれる生産性の高い加工方法を開発するときに、かなりの時間を節約できます。




シールリング溝用の加工方法のツールパス。


続きを読む:

ハイライト

{{ asset.Title }}

{{ asset.Description }}

CAMワークフローの組み込み

パートナー企業はデジタル加工における最大のエンドユーザーバリューの作成に極めて重要です。CNC Software社のMastercamは、CoroPlus®とCAMワークフローとの統合をいち早く実現しました。動画をご覧ください。

標準規格準拠の工具データ

ISO 13399 は切削工具データ交換の新しい工業規格です。

コロプラス

コロプラス製品ポートフォリオには、インダストリー4.0に備えたいくつかのコネクティッドソリューションが含まれています。

{{"NewsLetter_Subscribe_Header" | translate}}

{{"NewsLetter_Subscribe" | translate}}

このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.