Please select your country! -日本語 -JA 設定

設定

Please select your country!

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}

Coromant Capto®は、3つのシステムを1つに統合したモジュラー式の工具クイックチェンジコンセプトです。

  • クイックチェンジアダプターは段取り時間と工具交換時間を短縮し、機械稼働率を大幅に改善します。
  • Coromant Captoを直接スピンドルに統合し、複合加工機や旋削加工の可能なマシニングセンタあるいは縦型旋盤における安定性と多様性を高めることができます。
  • マシニングセンタ用のモジュラー式Coromant Captoには多様なエクステンションおよびリダクションアダプタがあり、長さやデザイン特性の異なるマシンインターフェース (SK、HSK、Big Plus) の工具の組付けが可能です。モジュラーシステムのため、納品までに時間のかかる高価な特殊工具は不要です

工場全体で同じ工具を使用できるので、他にはない柔軟性、優れた剛性そして工具在庫量の最少化を実現します。

 

利点

  • 広範なモジュラーシステムによる柔軟性
  • 高い基本剛性と精度
  • 工具在庫の最少化
  • 段取り時間の短縮

 

特長

  • トルク伝達率が高い
  • 曲げ強度が高い
  • クイックチェンジおよび自動工具交換
  • 低圧においても加工安定性を確保する先進ノズルテクノロジー
  • 工具を貫通して機械から刃先へとクーラントを送る高圧内部給油
  • バランス調整と同心性
  • セルフセンタリング

 


クイックチェンジモジュラーアダプタ
このアダプタはモジュラーツールアセンブリと工具側のクイックチェンジ機能を組み合わせることにより、段取り時間や工具交換時間を大幅に短縮し、ツーリングの高い柔軟性を実現します。





Coromant Captoデータチップサービスを使用して、工具履歴の追跡が可能

用途

Coromant Captoはあらゆる機種で使用可能:
  • ターニングセンタ - クイックチェンジおよび高圧クーラント供給。
  • 汎用機およびマシニングセンタ - 回転工具スピンドルインターフェース、モジュラーツーリングおよびクイックチェンジ。
  • 6種類のサイズをご用意した柔軟性に富むCoromant Captoソリューションはあらゆるニーズを満たします:C3-C10、フランジ径 32、40、50、63、80および100。

機械別クランピングユニット



 


Coromant Capto® DTH Plusによる回転工具ホルダの予測メンテナンス

デジタル技術により、回転工具ホルダは点検・修理の必要性に関するデータを供給することができ、それによって工具を最大限に活かすことができます。

詳細はこちら
以下のような場合に、Coromant Captoが役立ちます
  • 生産変更時、およびゲージ長さの変更を伴うサイズの異なる部品の加工。
  • ターニングセンタでの小~中程度の加工数量の生産。
  • 旋削工具と回転工具の双方を備えた複合加工機での加工。
  • テーパサイズやタイプが異なる複数の機械でホルダを使用したいとき。旋盤およびマシニングセンタでの様々な加工に対して1つのシステムで十分に対応します。
  • 加工が複雑なため多くの特殊工具を必要とするとき。
  • 工具在庫を減らしたい場合。

 


クイックチェンジクランピングユニットは、段取り時間と工具交換時間を大幅に短縮し、機械稼働率を最大化します。

ほとんどの工作機械メーカーは、Coromant Captoシステムを備えた機械を提供しています。

詳しい情報と図面は、Coromant Captoパートナーポータルでご覧いただけます。

​​​​

​​ログイン​​​ ​​​要求アクセス​​​​


 
 
このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.