-日本語 -JA 設定

設定

Please select your country!

{{group.Text}}

{{"ifind_go-back" | translate}}

{{group.Text}}

鋼用フライスチップと材種

GC4330 and GC4340

材種GC4330およびGC4340はCVD材種で、鋼のフライス加工に最適です。非常に良好な工具寿命と良好な加工安定性を実現します。GC4330は、荒加工~中仕上げ正面フライス加工用の第一推奨です。一方GC4340は、荒肩削りフライス加工と溝フライス加工用の​第一推奨です。

技術的特長

  • 高い摩耗耐性と長い工具寿命を実現するInveio® (インヴェイオ) コーティング
  • 材種GC4330の新しい母材は粒子サイズの分布状態が良好で、より信頼性が高く、工具の挙動が予測可能。
  • よりばらつきのない工具寿命とより小さいホーニング (ER) 公差。
  • 改良された後処理テクノロジーにより機械的特性が変更され、強化されたチップ

利点

  • 工具寿命が延びることで、部品当たり加工コストが低減
  • 加工安定性が改善することで、予測可能な性能とダウンタイム短縮を保証
  • 高い部品品質


GC1130

鋼フライス加工用チップ材種 GC1130は、軽荒~仕上げ加工に適した極めて信頼性の高い材種で、あらゆる加工条件で卓越した性能を発揮し、さまざまな部品特性に対応します。GC1130は長い工具寿命により、ばらつきの少ない安定したフライス加工プロセスを実現します。

利点と特長

  • 長くばらつきの少ない工具寿命と安定した加工を確保。
  • 複雑なツールパスや深穴加工等の厳しい加工条件でも高い切りくず排出量、高い信頼性を実現。
  • ドライおよびウェット加工の両方で優れた性能を発揮。

{{ asset.Title }}

{{ asset.Description }}

GC4330およびGC4340を使用した鋼フライス加工

Inveio® 技術により、単一方向に密集した結晶が切削領域と切りくずに対して強力なバリアを形成することにより、熱保護機能を最大限に発揮。これは、チップ強度、耐摩耗性および工具寿命に著しく影響します。

鋼フライス加工用材種 GC1130

GC1130の様々な使用方法の詳細を確認する。

性能テストの結果

GC1130の強化された特性がお客様の工場でどのように発揮されているかについてご覧ください。

{{ asset.Title }}

{{ asset.Description }}

鋼フライス加工に最適

独創的なPVD製造技術であるZertivo™ を採用したGC1130は、フライス加工をより予測可能で安定したものにします。

お客様の要件に合った材種を見つけてください

当社の鋼加工用チップ材種のラインナップは、CVDおよびPVDコーティング超硬材種とノンコートサーメット材種で構成され、さまざまな加工条件に対応します。

安定した加工条件
不安定な加工条件
  発熱量小

(小型カッター
および/または低いvcae

発熱量大

(大型カッター
および/または高いvcae

GC1130

Zertivo™ テクノロジーを採用した高硬度の薄いコーティングを施したPVD材種。さまざまな加工用途に対応。ウェット加工およびドライ加工で、平均的な安定性の軽荒~仕上げ加工に適しています。 複雑なツールパス、粘性の高い被削材に好適。

CoroMill® 200: 不安定な加工条件での荒加工用丸チップカッター

CoroMill® 210: 高送り正面フライス加工およびプランジ加工用。

CoroMill® 216: 荒および中仕上げ倣い加工用のボールエンドミル

CoroMill® 245: 重切削加工および鏡面仕上げ加工用の軽切削正面フライスカッター

CoroMill® 300: 安定した加工条件での荒加工~中仕上げ用丸チップカッター。

CoroMill® 600: 汎用丸チップ倣いフライスカッター.

CoroMill® 331: 万能サイドカッター

CoroMill® 345: 高生産性正面フライス加工用第一推奨。

CoroMill® 357: 多刃荒加工正面フライスカッター

CoroMill® 365: 鋳鉄でも鋼材でも正確で安全な正面フライスを実現します。

CoroMill® 390: 混合生産向けの、ランピング加工能力を備えた汎用性の高い肩削りカッター。

CoroMill® 415: 小径用高送り正面フライスカッター

CoroMill® 419: 高送りフライスカッター

CoroMill® 490: 一般および複数パスの肩削り加工用の第一推奨。

CoroMill® 495: 汎用面取りカッター。

CoroMill® QD: 深く狭い溝入れ加工用。

全製品ラインナップはこちら

GC4330

中硬度のCVDコーティング(中程度の厚さのコーティング)材種で、ウェット/ドライ加工の、平均的な加工条件での中荒~荒フライス加工用に設計されています。

CoroMill® 300: 安定した加工条件での荒~中仕上げ加工用の正面および倣いフライスカッター。

CoroMill® 331: 高性能の突切り・溝入れ加工用。

CoroMill® 345: 高生産性を実現する第一推奨の正面フライスカッター。

CoroMill® 390: 混合生産向けの、ランピング加工能力を備えた汎用性の高い肩削りカッター。

CoroMill® 745: 鋼および鋳鉄材で最高の加工経済性を実現するマルチエッジ仕様正面フライスカッター。

全製品ラインナップはこちら

GC4340

高じん性のCVDコーティング(中程度の厚さのコーティング)材種。ウェット/ドライ加工での、高いじん性が要求される中荒~荒フライス加工に最適。

CoroMill®​ 300: 安定した加工条件での荒~中仕上げ加工用の正面および倣いフライスカッター。

CoroMill® 345: 高生産性を実現する第一推奨の正面フライスカッター。

CoroMill® 390: 混合生産向けの、ランピング加工能力を備えた汎用性の高い肩削りカッター。

CoroMill® 490: 一般および複数パスの肩削り加工用の第一推奨。

CoroMill® QD: 深く狭い溝入れおよび突切り加工用。

全製品ラインナップはこちら

GC4220

高硬度のPVDコーティング(厚いコーティング)材種で、ドライ加工での安定性に優れ、中荒~荒フライス加工で切削速度が高い場合に好適。

CoroMill® 200: 不安定な加工条件での荒加工用正面および倣いフライスカッター。

CoroMill® 245: 混合生産向けの多目的正面フライスカッター。

CoroMill® 345: 高生産性を実現する第一推奨の正面フライスカッター。

CoroMill® 390: 混合生産向けの、ランピング加工能力を備えた汎用性の高い肩削りカッター。

CoroMill® 490: 一般および複数パスの肩削り加工用の第一推奨。

全製品ラインナップはこちら

補助材種

GC1010

極めて高硬度で薄いコーティングのPVD材種で、ウェット/ドライ加工の非常に安定した加工条件での、高硬度材の仕上げ加工に好適。

全製品ラインナップはこちら

CT530

ドライ加工での高速仕上げ加工に適した、中硬度のノンコートサーメット材種。

全製品ラインナップはこちら

GC2030

中硬度のPVDコーティング(薄いコーティング)材種で、ウェット/ドライ加工での粘性の高い被削材の加工に好適。

全製品ラインナップはこちら

GC2040

高じん性のCVDコーティング(中程度の厚さのコーティング)材種。ウェット/ドライ加工での、高いじん性が要求される荒加工に適し、混合生産にも好適。

全製品ラインナップはこちら

GC3040

​中硬度のCVDコーティング(厚いコーティング)材種で、コスリ摩耗性の高い被削材の加工におけるGC4230の補助材種。

全製品ラインナップはこちら

M30B

高じん性のCVDコーティング(薄いコーティング)材種で、ウェット/ドライ加工の、高速かつ高いじん性が要求される加工条件でのタービンブレード加工に好適。

全製品ラインナップはこちら

GC1025

高硬度のPVDコーティング(薄いコーティング)材種で、ウェット/ドライ加工での粘性の高い被削材の軽荒~仕上げ加工に好適。

全製品ラインナップはこちら

ハイライト

鋼の加工特性

鋼の加工特性は成分、熱処理、製造工程によって異なります。

Made for Milling

お客様が作る部品によって、私たちの周りのものは形作られています。お客様のために、サンドビック・コロマントは精密なフライス工具を生み出します。#MadeforMilling

しっかりつかむ

どのようにして加工後のチップシートに汚れや切りくずが付着していないことを確実にするかについてご覧ください。

{{"NewsLetter_Subscribe_Header" | translate}}

{{"NewsLetter_Subscribe" | translate}}

このウェブサイトでは操作性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。 Cookieについて.